IBJ

インターナショナルブランズジャパン(IBJ)は信頼できるグルメ商品を皆様にお届けする、全国優良酒販店の出資による共同仕入れ機構です。

ご挨拶

インターナショナルブランズジャパン(IBJ)は相互扶助の精神のもと、オリジナル商品の開発と、商品の共同仕入れを目的として1991年に創設されました。

1社だけでは数量・価格の面から作ることができないオリジナル商品の開発を第一目的とし、メンバー企業が知恵や由縁を総動員し、協力しながら取り組んでまいりました。そしてお互いガラス張りの情報交換をしながらお客様のため、個々の企業間も切磋琢磨しあう関係を築いていくとの考えで運営しております。

この精神に賛同し、活動している販売店企業は全国各地に45社あり、酒小売部門では日本最大規模といわれる共同仕入れ組織・ボランタリーチェーン「全国酒類販売店協会」に成長することができました。

本格的な少子高齢化時代の到来、情報技術分野の飛躍的な発展、さらには酒販免許の自由化による異業態・異業種の進出など我々酒量販店を取り巻く環境はここ数年で大きく変化してまいりました。我々は全国規模の協業活動をもとに、商品・売り場づくり・販売促進・サービス向上などを販売店の売り場に生かし、酒類のエキスパートとしてお客様へお酒に関するご提案ができると自負しております。

これからも「潤いのある食生活」に貢献できるよう、味・健康・安全・価格に配慮したお酒や食品の提供を目指してまいります。

インターナショナルブランズジャパン(株)
代表取締役会長
桶谷 晃弘

会社概要

本 社 〒980-0011
宮城県仙台市青葉区上杉1丁目17番30号
TEL:022-211-4660 FAX:022-211-9457
開発部 〒101-0031
東京都千代田区東神田1丁目13番11号
TEL:03-6825-8601 FAX:03-6825-8607
資本金 2,160万円
役 員 代表取締役会長 
代表取締役社長 
取締役 
取締役 
監査役     
監査役     
桶谷 晃弘
名取 浩
床井 旭
高木 俊行
杉田 至
宮本 実

沿革

1991年
5月

酒類量販店6社で共同仕入れ組織会議の開催
7月 共同仕入を目的とした「インターナショナルブランズフレンドシップ会」設立
仙台事務局にて運営開始
1992年
5月

仕入企画会社インターナショナルブランズジャパン有限会社 設立
米国よりPBビーフジャーキー、PBサプリメント輸入
1993年
3月

資本金を増資し、有限会社から株式会社へ(メンバー9社)
横浜にて酒類卸免許取得
PB合成酒、PBみりんなど国産PB商品の販売開始
1994年 PB缶チューハイ、PBカクテル缶、PBパックワイン発売
1996年
3月

仙台本社にて酒類卸免許取得(メンバー12社)
PB発泡酒をベルギーより輸入販売
1999年 PBウーロン茶2L発売(メンバー19社)
2000年 自社にて原料米を調達購入し、蔵元に生産委託する方式で製造した
PB日本酒「新潟五百万石特別純米酒」3万6千本を発売
2001年 PB発泡酒「粋生」を香港より輸入発売(メンバー29社)
PB麦焼酎「浪漫の大地」発売
2002年 持ち株会設立(メンバー40社)
2003年 ライトタイプ発泡酒「粋生ピュアグリーン」輸入発売(メンバー47社)
2004年 PB焼酎「浪漫の大地」がモンドセレクション金賞受賞
東京開発企画部開設(高輪)
2005年 PB新ジャンル「粋生スーパーファイン」輸入発売
2014年 IBJ商品企画・共同仕入120億円規模に(メンバー45社)
2015年 一般社団法人全国酒類販売店協会 設立
専属共同仕入会社として運営
2017年 開発部を千代田区東神田へ移転

販売店名簿

home


販売店MAP

商品案内

I.B.J.マークについて

I.B.J.マークは、I.B.J.のPB商品についている信頼のマークです。
よりよい商品をより安い価格で消費者に提供いたします。
※『I.B.フレンドシップ会(INTERNATIONAL BRANDS FRIENDSHIP ASSOCIATION)』から 『一般社団法人全日本酒類販売店協会(ALL JAPAN LIQUOR SHOP ASSOCIATION)』への切替を順次進めております。





home


インターナショナルブランズジャパン株式会社
宮城県仙台市青葉区上杉1丁目17番30号
TEL:022-211-4660 FAX:022-211-9457
メール:cs@e-ibf.com

Copyright (C) International Brands Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.